FC2ブログ

LOVE47(38)

2016 02 19
その週末、夫は1泊の予定で学会に参加するとの理由で、自宅には不在だった。

理穂もまた、会社の同僚と旅行に行くといって、家を空けている。

果たして二人の説明が事実なのかどうか、葉子にはしかし、それを詮索する余裕はなかった。

「自宅に行かせてもらうよ、奥さん」

あの日、そう言い残した佐伯の言葉が、葉子の体奥で妖しく揺れている。

何年もの間、あの男に執拗なアプローチを受けながらも、ぎりぎりのところで巧みに交わし続けてきた葉子。

だが、今回はもうそれが不可能なことを、人妻は悟っている。

遂に佐伯にこの体を捧げなくてはいけないのだ。

男が欲するやりかたでで、彼がとことん満足するまで、この人妻である私の体を。

それを想像するだけで、葉子は口惜しさとわずかな後悔の混在する戸惑いに包まれた。

所詮、自分が蒔いた種なのだ。

だが、どうして彼はあの写真を手に入れたというのだろう・・・・・。

あの温泉地に行ったとき、駅前で別れを惜しむような二人の姿が、そこにははっきりととらえられていた。

誰か、私を知っている人があの場所にいたのだ。

恐らく偶然に・・・・。

勿論、それは理穂ではない。

理穂は、まだこの恐ろしい事実を知らない。

絶対に知られてはいけない。

何があっても絶対に・・・・。

もしも娘が知ることになったなら・・・・・・。

その時の覚悟は、葉子の胸の中に既にある。それは、垣内との秘密の交際を開始した時から、既に抱いていたものだ。

だが、娘のことよりも、とにかく今夜のことが・・・・・。

その土曜日、佐伯が自宅にやってきたのは、午後7時前だった。

彼の希望に沿う形で、葉子は手料理で彼をもてなした。

「やっぱり綺麗だな、奥さん」
ワイングラスをうまそうに舐めながら、佐伯は葉子をねっとりとした視線で見つめた。

葉子は無言を貫いている。

上品な純白のシャツに、紺色のタイトスカートに身を包み、人妻は淡々と食事を進めた。

アルコールには一切手をつけなかった。

「飲みましょう、奥さん、今夜は」
「・・・・・・」
「やっと結ばれる夜ですよ、我々が」

大胆な男の表現は、葉子に嫌悪感以外のなにものも与えることはなかった。

結局、彼は一人でボトルを空けた。

食事が終わり、葉子は普段と変わらぬ様子で、後片付けを始めた。

佐伯を気にすることもなく、シンクに向かい、葉子は視線を落とし、食器を洗った。

しばらくの間、ダイニングテーブルに座り、佐伯は自分の存在をまるで気にかけようともしないこの家の人妻の姿を、じっと見続けた。

それは、普段通りに家事をする人妻の姿に、新たな魅力を発見したかのような態度だった。

やがて、彼が応接に向かう姿を、葉子はちらりと見た。

そこは、夫と彼が酒を飲みかわし、女を題材に話の花を咲かせる場所だった。

今夜、自分が何を求められているのか、葉子は勿論知っている。

だからこそ、時間をかけて、葉子は皿を洗い、テーブルを綺麗にふき上げた。

あの部屋で、佐伯はただ一人で座っているのだ。

私を、いや、私の体が早くそこに向かうことを待ち望みながら。

垣内剛のことを、葉子は思い出す。

彼にすがりたいような、無茶な願望が、葉子の体奥からふつふつと湧き上がってくる。

リビングで、葉子はしばらくの間、呆然としたように立ち続けた。

佐伯は何の指示も与えてこない。

無言のまま、応接にいる彼のプレッシャーが、人妻を確実に追い込んでいる。

焦らしあうような時間の経過の後、葉子は、男の欲情に屈服した。人妻は、水割りのセットを用意し、トレイに載せた。

少し迷った後、グラスを二つ用意した。

それを手にし、葉子は声を発することなく、応接に入っていく。

佐伯はいつもと変わらぬ様子で、長いソファに深々と座っている。

「水割り、まだ飲まれますよね」
葉子は、初めて彼に口を開いた。

「ああ」
主人としての立場を演じるように、佐伯は傲慢な様子で葉子に指示を出した。

テーブルの傍らに座り、葉子はグラス一つに氷を入れ、黄金色のアルコールを注いだ。そして、適量のミネラルウオーターをそこに加える。

ホステスが酒を準備する姿を眺めるように、佐伯は視線を葉子に注ぎ続けている。

カーペットにひざまずき、隷属者のようにふるまう美しい人妻の姿を、男はうっすらと笑みを浮かべて見つめている。

人妻の鼓動が、密かに高鳴っている。

手を伸ばせば届く距離に、男が座っている。

この男に、いつ腕を伸ばされ、乳房をまさぐられ、腰を抱きよせられるのか、葉子は嫌な汗を伴った緊張に包まれている。

「どうぞ」
視線を下げたまま、葉子はグラスを彼に差し出した。

「奥さんも飲むんだ」
佐伯が、低い声でつぶやいた。


(↑クリック、更新の励みです。凄く嬉しいです。次回更新、2月23日の予定です。)
Comment

管理者のみに表示